SDGsへの取り組み

SDGs.jpg
SDGsとは

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは、「Sustainable Development Goals」の略称で、日本語に訳すと
「持続可能な開発目標」
という意味です。2015年の「国連持続可能な開発サミット」にて採択された行動計画で掲げられた、2030年までの国際目標となっています。

SDGsの最大の特徴のうちの一つが、「誰一人取り残さない」という理念です。前身となるMDGsは主に発展途上国の社会開発に関する目標でしたが、SDGsは先進国・発展途上国を問わず、全世界に関わる目標であることが大きな特徴の一つです。

世界が2030年に向けて7目指すべきゴールが17個挙げられています。
企業などの各主体は、これらの目標の中から、優先的に取り組む課題を選択・設定し、取り組んでいく形が一般的となっています。

aii-goal.jpg

『弊社が優先的に取り組む活動目標』
b_simple_114_0M.png
goal-3.jpg
 ゴール3 
高断熱化した健康住宅の供給による居住者のヒートショックの軽減

b_simple_114_0M.png
goal-7.jpg
 ゴール7 
ゼロエネルギーハウスによる省エネ、創エネ。

b_simple_114_0M.png
goal-11.jpg
 ゴール11 
良質な住宅ストックを地域に供給することによるまちづくりへの貢献。
b_simple_114_0M.png
この3つを積極的に取り組んでいきます。






知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント