« 2020年02月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
2020年02月04日

O様邸

こんにちは。
アイホームの野本です。


内子町でご新築工事をさせて頂いているO様邸。
順調に工事も進み、今週末にお引渡しの予定です☆彡

広々とした、シューズクロークの入り口は
アールの垂れ壁でかわいく演出。
可動棚とパイプハンガー付きで玄関まわりのものはすっきり片付けれますね♪
0-01.png



キッチンの吊り戸棚はチェッカーガラスを採用。
上部に窓を設け、とても明るい空間になりました。
升目のような凹凸があり、光を反射して豊かな表情を見せるチェッカーガラス。
かわいらしさやアンティーク感を演出したい時にピッタリです。
収納物の気配がなんとなくわかるのもポイントです。
o-02.png



(↓写真はキッチンからリビングを見た様子)
自然に家族と繋がることができるリビング階段。会話を交わすのもスムーズです。
そして南向きの大きな窓(右手側です)からはぽかぽかとお日さまのあかりがふりそそんできます(^-^)
IMG_4345.jpg



リビングから続く和室は
小さな子供たちがお昼寝したり、客間としても大活躍。
IMG_4351.jpg

新生活が楽しみな、
お施主様の思いの詰まった素敵なお家が完成しました♪♪


Google +1
2019年11月17日

マッハシステム

こんにちは。アイホーム野本です。

今日はアイホームで採用している、

全館空調システム「マッハシステム」についてお伝えしようと思います。

24時間稼働で空気をコントロールし家中に新鮮な空気を

住みよい家のためには、高気密・高断熱がかかせません。

でも、それだけではありません。

換気をしっかりしないと、室内の空気が循環できず、

息苦しい家になってしまいます。

高気密、高断熱住宅のメリットを最大限に活かすには、

質のよい換気を組み合わせる事が重要なのです。

そこで室内の空気を強制的に換気する24時間換気「マッハシステム」の登場です。


単なる換気ではなく、冷暖房・除湿・空気浄化もあわせて行い、

外気から花粉やほこりはカットし、取り入れた外気の

温度を調整し各部屋に送ることで、365日、24時間、

心地よいきれいな空気が家中をめぐります。


大きな特徴は、エアコン1台で家中の冷暖房行うこと。

そしてどこも同じ室温だからトイレや脱衣所も寒くなく、

危険なヒートショックを予防する事ができるので、

お子様やご高齢の方にも安心です。

マッハシステムの動画での紹介もありますので

ご興味のある方はぜひご覧下さい(*^-^*)


https://www.youtube.com/channel/UCTSyGi6mRxVmREbnY8PNQdQ

Google +1
2019年11月12日

日照シュミレーション

こんにちは。

アイホーム曽根です。


今回はアイホームが行っている、

日照シュミレーションについてご紹介します。

家の快適性を実現するには、断熱材によって快適な室温を保つことも大切ですが、

パッシブデザインという設計手法も大切になります。

例えば、南にもうけた大きな窓から陽を入れて冬でも暖かく、

夏は庇やシェードで日差しを遮り涼しく過ごす、といった感じです。

快適な室内環境を実現するため、家のどの位置に、どのくらい日照があるのかを

シュミレーションしておくことは大切です。


スケッチアップというソフトを使っておこないます。

グーグルマップの航空写真表示で敷地の画像(周辺の建物も含めた画像)を保存し、

スケッチアップに貼り付け、敷地について考察します。


20191112-1%20%281%29.jpg


次に周辺の建物をモデリングしていきます。
建物の高さ、大きさを実際に近づけ、入力していきます。

20191112-1%20%282%29.jpg

モデリングが完成しました!
日照シュミレーションは、太陽高度が一番低い冬至ではなく、
1年で一番寒い1/20で検討していきます。

20191112-1%20%283%29.jpg

一日に最低でも4時間、できれば5時間陽を入れることができれば

暖かい家になると言われていますので、

それを意識してここからプランを考えていきます。


日照シュミレーションにご興味のある方は、お気軽にお声かけくださいね♪

Google +1
2019年11月08日

はい、こんにちは
工務の井上です。

南梅本の現場は基礎工事が順調に進んでおり、

いよいよ配筋検査を受けました。

写真に写っているのが検査員です。

第3者機関より来ていただいてます。

2019_11_08_17_50_22_849_0.jpg


配筋検査では鉄筋の種類や位置、鉄筋同士の間隔を確認します。

設計士が設計した図面通り基礎ができているか、

施工基準から逸脱した施工になってないかなどチェックされます。

この工程をすぎるとコンクリート打設ができるようになります。

結果は。。。。

はい、合格です。

2019_11_08_17_51_02_100_0.jpg


2019_11_08_17_51_02_106_1.jpg


Google +1
2019年10月22日

こんにちは。アイホームの曽根です。
今年は大型の台風が多く、全国で被害がでていますね。

気象庁によると、台風19号の四国での風速は25メートルということなので、
南 雄三さんの著書「通風トレーニング」の風力階級における10番目の階級だったようです。
「樹木が根こそぎになる。人家に大損害が起こる。」と書いてあります。恐ろしいです。

s-f-1.JPG

s-f-2.JPG

風速がいくらと聞いてもピンときませんが、こういった表があるとわかりやすいですね。

私は松山に住んでいるので被害はなかったものの、風と雨の音が大きくて夜中に何度も目が覚めました。
そこで今回は窓の防雨・防音について考えてみたいと思います。

s-bouu.JPG

最近のサッシの性能は上がっていますが、雨が窓に当たらないように、やはり庇は効果的です。
庇の出が深ければ、窓下の雨がかからない範囲も広くなります。
最近はシンプルなデザインが流行っていて窓に庇のついた家は少なくなっていますが、好みや必要性に応じて、窓の庇を検討してみてもいいと思います。

s-bouon.JPG


道路を通る車の水しぶきの音なども、窓を道路が背になるように開けば、小さくなるようです。騒音源の方向に塀を設けるのも効果的なんですね。


そしてアイホームでは断熱材に、高い防音性能で静かな家を実現できるセルロースファイバーをおすすめしておりますので、そちらもぜひご検討いただけたらと思います!

Google +1
2019年10月18日

上棟

こんにちは
アイホーム井上です。

台風19号によってお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りしますとともに、被災された皆様にお見舞いを申し上げます

台風19号こちらは端っことはいえ風が強かったですが皆様は大丈夫でしたでしょうか?
現場も強風の中被害がなく、無事工事も進んでおります。

被災地は遠いですが、個人的に自分に何ができるか考えてできるかぎりのことをしようと思います。


さて、話しは変わりますが前回ご案内した内子の物件も、
台風や雨が断続的に続いていたので不安でしたが無事に上棟できました。

i-1018-1.png


そして新しく東温市にて着工が始まりました。

i-1018-2.png

物件数も増え引渡し物件も次々でてきます。今後もできる限り現場の裏側を皆様にご案内できたらと思います。
アイホームの家が気になる方は現場見学もできます。
実際に施工しているところを見ることができます。

物件数があるのでいろいろなシーンを見学することができます。
気になる方は連絡してみてはいかがですか?

お待ちしております。

i-1018-3.png

i-1018-4.png

i-1018-4.png


Google +1
2019年10月15日

ヒートショック

こんにちは。アイホーム宇野です。
あまり風邪とは無縁なのですが、咳が出だして今は声が出なくなってしまいました。
咽頭炎でした。
声が出ないと困ることが多いですね(汗)電話に出れないし、掛けれないし…

朝晩と日中の温度差で体調を崩しやすい季節になってきたので、今日のテーマは
『ヒートショック』です!

入浴中に亡くなるのは全国で年間約1万4000人と推測されており、現在では交通事故死者数よりも多い数字となっています。
その原因の多くはヒートショックである可能性があります。

愛媛県は…
ワースト3位って知っていましたか?

2019.10.15C.png


気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起こることをヒートショックといいます。この血圧の変動によって、脳内出血や大動脈解離、心筋梗塞、脳梗塞などの病気が起こります。ヒートショックは寒い時、暖かいリビングから脱衣所に移動し、浴槽に入る時などに起こります。リビングから脱衣所に移動した時には、寒さに対応するために血圧が上昇します。そこで衣服を脱ぎ、浴室へ入るとさらに血圧は上昇します。その後、浴槽に入ると、体が急に温まるため、血圧が下降します。特に10℃以上の温度差がある場所は危険とされており、注意が必要です。

2019.10.15A.jpg


ということは、
『ヒートショック』の予防策として、 家じゅうの温度差を抑えることが大切ですね。
床の段差などを減らす、『住まいのバリアフリー』だけでなく、部屋間の温度差を抑える『温度のバリアフリー』にも配慮した住まいは、家族みんなの身体にやさしく暮らしやすい住まいです。

Google +1
2019年10月01日

パッシブデザイン研修

こんにちは。設計の曽根です。

先週の木曜、金曜の2日間、名古屋のpassive design come home代表の木村社長にお越しいただき、
パッシブデザイン研修をしていただきました。

パッシブデザインとは、エアコンなどの機械をできるだけ使わず、
太陽の光、熱、風といった「自然エネルギー」を上手に使い快適な住まいづくりをしようとする設計です。

今回も前回の研修と同様に、お客様のご検討中の敷地を調査して、
周囲の環境などから建物の陽当りを考慮しつつ、プラン作成をおこないました。

今回の敷地の南側には駐車場がありますので、陽当りはまずまずよさそうですが、
将来的に家が建つかもしれないので、南には階段+吹き抜けを設けたプランを考えることになりました。

10.1-1.jpg


木村社長がさらさらと外観パースを描いてくださいます。毎回思いますが、
先生のパッシブデザインの引き出しの多さが本当にすごいです!

こんなプランができあがりました。
10.1-2.jpg


10.1-3.jpg

内観はこんな感じです。リビングの床の高さを一段下げたので、
階段下をリビングとして使いやすくなっています。

10.1-4.jpg


南にリビング階段+吹き抜けは限られた面積を有効に使えますし、
2階に設けた窓から太陽の光も十分取り入れることができるので、
とても効率的なプランが完成しました^^

木村社長、今回もありがとうございました!

Google +1
2019年09月24日

すまい給付金

こんにちは!アイホーム宇野です。
だいぶ朝晩が涼しくなり秋っぽくなってきましたね。

とうとう10月から消費税が上がるという事で家計の負担も上がります。
今日は家を建ててからもらえるお金『すまい給付金』についてご紹介します。


2019.9.24A.jpg

すまい給付金は、消費税率引き上げによる住宅取得者の負担をかなりの程度緩和するために創立した制度です。消費税8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円、10%時は収入額の目安が775万円以下の方を対象に最大50万円を給付するものです。


2019.9.24B.jpg


消費税が上がることによって、すまい給付金をもらえる方の年収額が510万円までから775万円になり得する人もいるという事です!

もらえるものは申請してもらいましょう!!!

Google +1
2019年09月13日

地鎮祭(じちんさい、とこしずめのまつり)

こんにちは
アイホーム野本です。

明日は東温市で新築をされるお施主様の地鎮祭(じちんさい)です。
大安吉日、お天気もよさそうです♪♪

地鎮祭とは、住宅建築の新築工事を始める前にその土地の神様を鎮め、挨拶し、土地を利用させてもらうことの許しを得る儀式です。

わかりやすくいうと、新築住宅工事の前に行う、神様へのご挨拶の儀式。です。

敷地を清め、工事の安全と、家の繁栄を願う意味も込められていると思います。

n913%20%283%29.jpg

n913%20%284%29.jpg


地鎮祭を終えると、基礎をつくる工事へと移行していきます。

基礎とは、家の重さを地面に伝える部分のことで、家自体の大きな重さを均等に地盤に伝え、沈下したり家が重みで損傷したりしない仕組みの事です。

木造住宅の建築では「布基礎」か「ベタ基礎」採用されるのが一般的ですが、アイホームは「ベタ基礎」を採用しています。
n913%20%282%29.jpg

また配筋の際には、第三者機関「日本住宅保証検査機構(JIO)」(通称:ジオ)による基礎配筋検査を受けています。基礎の鉄筋の太さや間隔を第三者機関によって、厳しくチェックされます。お施主様の安心にもつながりますね(^-^)

↓配筋検査の様子
コンクリートの中には異形鉄筋を配筋しており、強固な基礎となっています。
n913%20%281%29.jpg


また次回記載したいと思いますが、JIO完成サポートにも登録しています。

jiokanseisapo-to.JPG


詳細はお気軽にお問合せ下さい♪

Google +1
2019年09月10日

Q値とUA値

こんにちは。設計の曽根です。
今回は、弊社が取り組んでいるパッシブデザインにおいてとても大切な「Q値」と「UA値」という用語について、
パッシブデザインの第一人者である野池政宏先生の著書「パッシブデザイン講義」を参考にして解説をさせていただこうと思います。

アイホームにお越しいただくお客様は住宅の性能についてお勉強されている方が多いので、聞いたことがある方が多いかもしれません。

平成11年省エネ基準まで、建物全体の熱損失性能(正確には保温性能)はQ値(熱損失係数)で表現されていました。
それが現在はUA値(外皮平均熱貫流率)に変わっています。
細かい計算方法には触れず、大まかな違いだけ述べます。

下図でわかるように、Q値は熱損失の全体を表しているのに対し、UA値は換気の熱損失を見ずに外皮のみの熱損失だけで計算されます。
s910-1.JPG


そして、UA値は「換気による熱損失が入らない」という問題以外にも、建物の実際の熱損失性能を適切に示していないという問題があります。
例えば同じ断熱仕様であるAとBの建物は同じ床面積(大きさ)ですが、熱損失量は大きく異なります。しかしUA値は同じです。一方、Q値はAの方が熱損失性能(保温性能)が高いことを的確に示しています。
s910-2.JPG


したがって、建物の熱損失性能を知るためにはQ値を使うほうが適切です。
UA値は申請用に計算しますが、実際の熱損失性能を見るときにはQ値も注目する必要があると感じます。

Google +1
2019年09月06日

しろあり対策

こんにちは
工務の井上です。

今日は来週、山西町にて上棟しますS様邸です。

i9.6-1.jpg

i9.6-2.jpg

基礎も完成し、土台敷き・基礎断熱の施工も終わり、防蟻処理を行いました。

i9.9-3.jpg

i9.6-4.jpg


ここでアイホームが使用している防蟻薬剤である『ガントナー』をご紹介します。

i5.jpg

i6.jpg


クロチアニジン成分の薬剤で
JTCA『日本しろあり対策協会』とJWPA「日本木材保存協会」の両方の認定をとれております薬剤です。
もちろん人体には安全です。

i7.jpg

i8.jpg


JTCAとJWPAの両方の認定をとれている薬剤は少ないです。
アイホームは安心安全の家づくりを志しています。

しかし、住宅の木部をしろあり対策をしているからと言って安心してはダメです。家の外周部にある植栽やウッドデッキ等の木部に巣をつくることもあります。
家の周りにあるものにも注意しましょう。過去には、子供が拾ってきた木の棒を庭に放置してそれが腐り、しろありの巣になっていたケースや中古住宅を買ったときに既に植えられていた庭木がしろありの巣になっていたケースもありました。

●いらなくなった木製品を庭に放置しない。
●植栽は枯れたらすぐ処分。
●ウッドデッキは木製ではなく樹脂製のものにする。

※もし木材でウッドデッキをする場合は防腐剤・防蟻材注入木材を利用する。
※それ以外は約1年に1度防腐剤・防蟻剤入りの塗料にて塗装する。
などあります。注意することはホウ酸系の防蟻剤は水に弱いので外部には使用しないでください。雨で溶けて流れてしまいます。

などなど家だけでなく家の周囲にあるもの、環境などにも少し気を付けてください。

Google +1
2019年09月03日

整理と収納の違い

こんにちは。アイホーム宇野です。
9月は2棟上棟があるので台風の動きを気になってる日々が続いています。

先日、整理収納アドバイザー1級の西口 絵里子氏による『インテリア・収納』の勉強会に参加してきました。
家の収納は建物の10%~12%がベストみたいです。
15%以上は収納が多すぎて物が増えてしまうとの事…。

整理とは、区別すること!不必要を取り除くこと!
収納とは、使いやすく収めること!

uno9.3.jpg


キッチンカウンターは『作業台』であって何も置かない。
動作・動線に合わせて物の定位置を決める。
使用頻度の高いものはゴールデンゾーン(身長-10cmのところ)に!!

uno9.3-2.jpg

uno9.3-3.jpg

日本人は使わない物を片付けて、良く使う物を出しっぱなしにする。
外国の方は使わない物は持たない。良く使うの物を片付ける。みたいです。

あまり使わない物のために収納を作るのは勿体ない!と。

耳が痛いですね(汗)
家に帰って整理しようかな~と思いました。

Google +1
2019年08月23日

モデルハウス

こんにちは!

暦の上では秋とはいえ、厳しい暑さが続いていますね(-_-;)
夏バテ気味ですが、食欲は旺盛な野本です(^^;

皆様、連休はいかがお過ごしでしたか?
私は佐田岬のムーンビーチ井ノ浦へ海水浴に。こどもの海デビューでした(^-^)
nb.jpg
波が穏やかで、こどもも怖がらず、
シャワーや更衣室もあり、BBQスペースもあり、また来たいなと思いました。


さて、連休明けのアイホームは
お客様のお家をお借りして完成見学会を開催させていただきました♪

そして、お施主様のご厚意にて、お引渡しまでデルハウスとしてお借りしています。
マッハシステムのお家の快適さを体感できます!!(9月24日迄)
詳細はお気軽にお問合せ下さい(^-^)


家庭用のエアコン1台で家中、冷暖房できる「マッハシステム」。
吹き抜けやリビング階段でも空調を気にせず、1年中快適に過ごせます。

地震への備えも万全で、耐震ダンパーミューダムを施工しています。
usama2.jpg

ミューダムのホームページはこちらです。
アイディールブレーン株式会社


断熱材にはセルロースファイバーを採用。
usama3.jpg


是非、ダブル断熱とマッハシステムのお家。ご体感下さい♪

Google +1
2019年08月20日

パッシブデザイン研修

こんにちは。
アイホームの曽根です。

昨日、今日と名古屋からpassive design come home代表の木村様にお越しいただき、パッシブデザインの研修をしていただきました。

s01.jpg

研修の内容は、弊社で現在ご検討いただいているお客様のプランを、敷地調査、日照シュミレーション、平面作成、外観パース作成、プレゼンの仕方まで、2日間で一気に仕上げるという、結構ハードな内容になっています!
木村社長のプランは、外観のかっこよさはもちろん、そんな採光の取り方があったのか!と、毎回目から鱗の間取りができあがり、大変勉強になります。

s02.jpg

スケッチアップで敷地を取り込み、日照シュミレーションをおこないます。今回は、敷地の南側に将来住宅が建って日当たりが悪くなることが予想されたので、家の中央に中庭をもうけたプランになりました。

s03.jpg

通常南側に配置することが多いリビングですが、今回は採光を考えて敢えて北側に配置しました。こういったことは日照シュミレーションを実際にやってみなければ分からないので、日照シュミレーションってすごく大事だなあと感じます。

s04.jpg

平面プランが決まったら、外観もバランスを見ながら調整して、できあがりました!

できあがると、私もこんな家に住みたい!と毎回思います。
木村社長、ありがとうございました!

Google +1
2019年08月16日

地震から家族を守る「制振ダンパー ミューダム」

こんにちは。工務の井上です。
お盆休みはいかがお過ごしでしたでしょうか?
私は家族旅行で九州まで行ってきました。
ちょうど台風前日帰宅して無事楽しむことができました((´∀`))

台風一過後も天気回復してすぐ猛暑も帰ってきましたねι(´Д`υ)
皆様暑い日が続いております、体調など崩されておられませんか?


お盆前に棟上げした辻町のK様邸のご案内です。
1%20%281%29.jpg

棟上げ後比較的早くに瓦の施工が完了しお盆前には瓦が葺けました。
1%20%282%29.jpg

1%20%283%29.jpg

今日のご紹介はアイホームで採用しておりますμDAM(ミューダム)という制振ダンパーです。
もちろんこの家にも採用しております。
1%20%284%29.jpg

1%20%285%29.jpg


myudamu.jpg

地震で怖いのは余震です。
本震を耐えられたとしても数十回・数百回来る余震で倒壊してしまうケースも多いです。
制振ダンパーではこの繰り返し来る余震にも効果が発揮します。
さらにミューダムが優れているのは筋交いと兼用でき、耐震と制振の両方を兼ねそなえているところです。

1%20%287%29.jpg

1%20%288%29.jpg

アイホームの家は【地震に耐える耐震】+【地震の揺れを抑える制振】の両方を兼ね備えた家です。


Google +1
2019年08月09日

マッハシステム

こんにちは。宇野です!

毎日蒸し暑い日々が続いてますね。
熱中症には気をつけましょう!!

さて先週末、完成見学会を行なわせて頂いた東温市のO様邸。

猛暑の中でしたが、お家のなかはとても涼しく、快適でした。

ダブル断熱工法とマッハシステムのお家は、家庭用エアコン1台で、

暑くなりがちな(冬は寒い)廊下、トイレ等の温度・湿度が快適。

お家まるごと快適空間になります。

その「ダブル断熱工法とマッハシステム」を採用されたO様邸。先日、お引渡し式を迎えました(^-^)

osamao.JPG

また住み心地を聞かせてくださいね(^^)

温度のバリアフリーの家「全館空調 マッハシステム」ですが、8月17日(土)・18日(日)に東垣生町で完成見学会を予定しております。

詳細は8月17日(土)に南海放送の「おうちラボ」(朝9:25〜) にて放送予定ですので、そちらもチェックしてみてくださいね♪

Google +1
2019年08月06日

敷地の日当たりについて

こんにちは。和真です!


北側道路の土地で新築を考えられる場合のお話です。


この夏季、実際に現地を見に行った敷地は日当たり良好で
南側には1メートル弱の小道を挟んで総2階の既存の隣地が建っている状況でした。


この時に気を付けたいのは冬場の日当たりはどうなっているかです。
夏の太陽高度は約70度で冬は約30度になります。


日照シミュレーションをしてみると11月頃から2月頃までの冬場は南側の建物で
1階の窓の高さには南側の建物の影で太陽光が当たらない敷地でした・・・


周囲の建物に応じて、吹抜けを設けて明るさを確保することや、
1階の南側に大きな窓を設けると、夏は太陽光の熱が入り、
冬は日射が当たらず熱が逃げやすい窓になったり・・・
省エネルギーや快適性からは遠いものとなってしまいます。


敷地を見に行かれる場合は、道路の幅や立地条件等の敷地周辺の状況も重要ですが
北側が道路の場合は特に冬場はどう陽が入るかも想定して考えることも大切だと思います。


test.jpg
実際の冬季のシミュレーション

Google +1
2019年07月29日

紙まつり

こんにちは!和真です。

四国中央市の紙まつりのフリーマーケットに
私が所属している「Forward to 1985 energy life」という団体で参加しました。

どういう団体かというと、理念の一つとして原発が出始めた1985年ごろに
一般家庭で消費するエネルギーを1985年程度に抑え、少ないエネルギーで快適に暮らすことを目標にしています。

子供から大人まで悩ませる省エネクイズや電気の大切さを体感するために、
自転車をこぐと扇風機を回す装置や手回しの照明で、普段使用している電気を
身近な運動に変換するとどれだけ大変かを実感して頂けました。

多くの子供連れのご家族で体験される方が多く、自転車のペダルを回して扇風機を回す力には力が必要で、
子供が回す場合は扇風機の羽がほとんど動かない場合や10秒程度で力尽きる等、電気の大切さを身もって学ばれました。

省エネクイズに興味を持っていただけた方に「省エネの暮らし方」というガイドブックを配布させて頂きました。
こちらのガイドブックはお引渡し時にお渡しをしているもので別のブログで簡単に紹介します!

1.jpg
畳4枚分のブースでした。

2.jpg
省エネクイズも盛況でした。

3.jpg
扇風機を回すのは大変。

Google +1
2019年07月26日

マッハシステム

ようやく梅雨が明けましたね☀☀☀

こんにちは!

大量の洗濯物を乾かしに、コインランドリーに通っていた日々とおさらばできて

ほっとしている野本です(^^)/~~~

さて今回は、

アイホームでご提案させて頂いている全館空調「マッハシステム」についてお伝えしたいと思います。

現在は多くのお客様にマッハシステムを採用して頂いております。

マッハシステムは、一般的な全館空調とは異なり、家庭用エアコンを使う事が大きな特徴です。

通常の一戸建ての広さなら、家庭用エアコン1台でお家中

【玄関も廊下もトイレも洗面室も】快適温度! になります。


アイホームでお家を建てて頂いたK様。

マッハシステムのお家の快適さに感動され、オール電化、太陽光発電を組み合わせられました。

↓TV取材にご協力いただいた時の様子です。(^^)

n-01.JPG

夏場はもちろん、快適に涼しく過ごせますが、

冬のヒートショックも防ぐことが出来ると思います。

マッハシステムを体感してみたいという方は、お気軽にお問合せ下さい。


Google +1
2019年07月23日

ダブル断熱のお家

こんにちは。2019年3月より入社した工務の井上です。
スタッフブログ本日の担当は私になりました。よろしくお願いします。

私の方はなかなか見ることのできない建築現場の中身を紹介していきます。

まずは7月11日に野本さんが紹介してます、
ダブル断熱の外貼り施工がちょうど北条地区の現場にて施工しておりました。


Before 外断熱貼る前
i01.jpg

After 外断熱材施工後
i02.jpg


素材は軽量で一人で簡単に持ち運びできます。
配置して、白いワッシャー付きのビスにて取り付けていきます。

i03.jpg


どうしてもできる窓廻りやパイプ廻りの隙間はコーキング処理をして隙間をなくします。

i04.jpg

i05.jpg


この後は上から外壁を塗っていきます。
それはまた後日お見せできたらと思います。

Google +1
2019年07月19日

もうすぐ完成☆

こんにちは。アイホーム宇野です。

毎日毎日ジメジメして蒸し暑い日々が続いてますね。
もうすぐ梅雨明けでしょうか。

前にブログにてご紹介させて頂きました東温市のO様邸がもうすぐ完成です。

クロス張り~照明付けなどドンドン仕上げの作業に移っています。

HPやブログを見て『全館空調システム:マッハシステム』って何???
と思われた方も多いのではないでしょうか。

調べるより早いのは体感して頂くことです!

普通はエアコンを付けている部屋のドアは閉めていて廊下は暑いですよね?
そうではないんです!


玄関開けた時から涼しい!
廊下も涼しい!
各部屋のドアを閉めなくていいんです!(閉めてもいいです(笑))

DSC_1077.jpg
↑空調室です。(マッハシステム)

DSC_1072.jpg

DSC_1075.jpg

DSC_1075.jpg

8月3日(土)、4日(日)にお施主様のご厚意により2日間限定で完成見学会を開催させて頂きます!
(駐車場に限りがありますので完全予約制となります。)

この湿度の高く暑い日に快適な温度のバリアフリーを是非 体感しにきてください!

お申し込みはこちら

Google +1
2019年07月16日

はじめまして!

こんにちは。アイホームに今年の4月から入社した曽根です。
インスタグラムの投稿は行っていますが、こちらは初めてです。よろしくお願いします♪

前職はインテリアコーディネーターでしたが、
アイホームでは設計として、申請や構造の検討などの業務をしており、日々勉強させていただいています!

アイホームはセルロースファイバーとネオポールを使ったW断熱や、全館空調マッハシステムなど、
性能にこだわった住宅をご提案していますが、私は入社するまで、これらの単語を正直あまり聞いたことがなかったです。

快適に過ごせると聞いても、断熱材や空調でそんなに違うの??と半信半疑でした。
しかし、完成した現場を訪れてみて、家中どこに居ても本当に快適な温度なので驚きました。

エアコンの不快な風が身体に直接当たることもなく、冷え性の私にぴったり!
ブログを読んでくださっている皆さまにも、完成見学会で、ぜひ実際に体感していただきたいです。
電気代も抑えられるので、お財布にも身体にも地球環境にもやさしいです。

多くの方にとって一生に一度のお買い物なので、いいものを永く使っていただきたいと思います。

8月には2邸、完成見学会を行いますので、是非、体感しにお越しくださいませ。

関係ないですが(^^;
↓下の画像は、休日に総合公園に紫陽花を見に行った時に撮ったものです。

IMG_20190706_115044.jpg

この時期のおすすめスポットです。
皆さまもぜひ!(^^)

Google +1
2019年05月08日

初投稿!

こんにちは!アイホームの和真です。

建築の大学を出てから、宮崎の年間100棟以上の建築する住宅会社で3年間設計として

修業を受け入れて下さり、様々な経験させて頂いたことに感謝しております。

宮崎県は地形が縦長ということもあり道路の形状もシンプルの運転しやすく、
食べ物もおいしいところでした。

昨年から松山に戻り、こちらでも設計として御契約後の打合わせを担当していましたが

今までは営業がお客様にヒアリングして作成した間取りからのご提案ということで

大きく変更することは難しいという悩むところはありました。

この度、一級建築士の試験に合格して少しは箔が付いたという自信と・・・

家創りを一番最初からお客様と楽しんでいきたいと思いから

設計から設計営業に転身して最初のヒアリングや間取りのご提案からさせて頂くことになりました。

これからは間取りの計画のことやパッシブデザインの事を中心に書いていこうと思います。

お楽しみに!よろしくお願いします!

Google +1

株式会社 アイホーム
プロフィール

一つひとつに想いをこめた「こだわりの家づくり」確かな技術と信頼の施工
アイホームスタッフがお届けします♪

Google +1