土地の選び方

2018年04月17日
価格の高い土地は、○○も○○も高くなる?

土地を買おうと思っている大多数の方が狙っている
『南に道路が面していて日当たりが良さそうな(形が良い)土地』は、
陽がよく当たるため全ての部屋がとっても明るそうですし、
洗濯物もよく乾きそうですし、非常に快適なイメージがあるでしょう。
しかし現実は、そうでもないんですよね・・・

おはようございます。
アイホーム徳永です。

今回はその理由についてからお伝えしようと思います。

まず、南道路の土地で設計する場合、安直に考えれば、
家の部屋全てを陽がたっぷりと注がれそうな南側に配置します。
そして、それらの部屋の南面には大きな窓をつくります。

そうなれば、確かに建築途中だったり、
お引き渡し時点では非常に明るいでしょう。
つまり『住むまでの間』はということです。

住み出した途端全員がカーテンをそこに設置します。
当たり前ですよね?
だって、もちろん透明ガラスを使っているでしょうから、
外から丸見えですもんね。

となれば、せっかく高いお金を出して
価格交渉が出来ない割高な土地を買い、
高いお金を出して大きな窓をたくさんつくり、
明るくて過ごしやすい家にしたはずなのに、
さらに高いお金を出して、カーテンを購入し、
その明るさを殺してしまうということに・・・

しかも、それでも防犯面やプライバシー面で不安が残るからという理由で、
庭に高いお金を出して塀をつくったり、植栽をたくさん植えたりして、
さらなる出費をしようとしてしまう・・・

となれば、土地代だけじゃなく、
カーテン費用や庭の費用もかさんでくるということになるので、
全体予算も高くなってしまいますし、
なのに、それだけ余分に出費したにもかかわらず、
思いのほか家の中が暗く、朝からずっと照明なしでは過ごせない・・・
ましてや窓が開けられないので風通しも良くない・・・
なんてことになってしまいます。

ですから、誰もが狙っているような土地は、
ただ単に土地代が高いからという理由だけじゃなく、
先程ご説明したような理由からも、あまりオススメはしてないんですよね。

また、もしそういった土地を購入したとしても、
一見誰もが狙ってなさそうな土地の場合と同様に、
直射光と天空光の2つの光を巧く利用しつつ、
当たり前の設計とは全く違う設計にて提案させていただくので、
そのような理由からも、わざわざ土地に
必要以上のお金を出していただかなくていいと思います。

どんな土地でも、その土地のメリットとデメリットの両方を巧く利用しつつ、
あなたのご家族が暮らしやすいように、
その土地の合わせて設計していくのが『注文住宅』ですからね。

ということで、限られた予算の中で最大限に
理想の家が建てられるようになるためにも、
土地に必要以上にお金を使わないようにしていただければと思います。
それが、あなたが考える理想の予算の中で、
家づくりを実現させる最大の秘訣ですから。

それでは、、、

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント